郡上八幡と夫婦経営

結婚一周年記念に、夫婦で郡上八幡にでかけました。

 

知らなかったのですが、土佐山内家の初代、山内一豊の妻、千代の出身地なのですね。

うちの主人は土佐の出身なので、えらく興奮しておりました。

 

郡上八幡城の中には、戦国を生き抜いた武将の妻に学ぶ、

夫を支えるコツが書かれてありました。ふむふむ。

 

まさか、主人はこれを狙って来たのだとは思いませんが・・・(笑)

 

「内助の功」の象徴として、山内千代は大河ドラマにも描かれましたが、

どちらかというと、戦国時代の夫婦は”共同経営者”であり、奥さんが非常に重要な経営判断を下すこともありました。

男は外で働き、女が家を守る、という意味の「内助の功」とは、

山内夫妻は、ちょっとちがうみたいですね。

 

ともに人生を経営していける夫婦になろう、

そういう意味だよね?

ありがとう、これからもよろしくお願いします。