北山杉の植林~だから林業はおもしろい~

GW最初のイベント。

北山の林業家さんに

「植林やるけど、遊びがてら植えにくる?」

とお誘いいただき、
主人と、そして父と北山にお邪魔して、
北山杉(シバハラ)の苗を植えさせていただきました。

こんな風に挿し木苗を密植して、一本一本添え木をして結んでいく、北山独特の植林方法は、実は初めての体験。

着いてみると、斜面かと思っていましたがかなりの平地。

楽かと思いきや、かえって腰にきたぁ~~(痛)

 

林道からすぐの場所で、この前にも丸太仕立ての山があった場所です。

世界一集約的で、面積当たりの投資が多いといわれる北山丸太仕立て。
これからは、なるべくアクセスがよく管理しやすい場所に、山もまとめていくそうです。

山仕事は久々でしたが、

学生時代やっていたからか、体は唐鍬の使い方をちゃんと覚えていて、
「腰が入ってるね」と言われたのでよかったです。
頭や手、腕でもなく、たまには「腰」で仕事をしないとと思います。

(翌日はちゃ~んと筋肉痛でしたが(笑))

さてこの写真、2枚目の写真と違うのがわかりますか?

角度が違うので分かりにくいですが、植栽密度を変えています。

前の写真は1m位は、苗木どうしの間隔が空いていますが、
こちらは50cmというところでしょうか。

 

山主さん曰く、

同じ仕立てをしていてもつまらないからと、
超高密度で植えて、「一本仕立てタルキ」にするそうです。

 

■1m間隔植栽 ⇒ 4年おきに枝打ち ⇒ 直径4寸くらいで、30年後に床柱用磨丸太として収穫

■50cm間隔植栽 ⇒ 2年おきに枝打ち ⇒ 直径4cm~くらいで、20年後にタルキ用に収穫

 

といった具合で、育林方法に違いを出しています。

 

だから、林業はおもしろい!と思えます。

 

1)品種、樹種

2)植栽密度

3)仕立て(枝打ち)

4)伐期

5)生育環境

6)加工

 

これらの違いで、同じ山でもぜんぜん違う商品ができてくる。

これらを変えることで、イノベーションを起こしてきたのが北山林業です。

 

今年の若手林業ビジネスサミットのテーマが「tradition is innovation」ということで、

イノベーションとは何か、それをもたらす要因は何かを、整理してみたいと思いました。
キーワードは「多様性」ではないかと感じています。

いい汗かきましたね、帰りに京都市内で入った銭湯が気持ちよかったです。

またひとつ、学びの日になりました。

林業家のMさん、ありがとうございました!