すてきな山には、すてきな暮しあり。~鳥取県智頭町の林家さんにステイ~

智頭のお友達のお家と山へ、おじゃましました。

2年前、最初の「とっとり緑の仲間の集い」で、登壇したAさん。
たまたま昼食のときに隣の席になるというご縁をいただき、そのときも、他の出演者とともに視察会ということで、フォーラム翌日にはお家と山へお邪魔していました。

その後も、京都へ視察やシンポジウム、忘年会にと来ていただき、ゆるやかにお友達になっていました。

今回は、「今年も鳥取いきますよ~」とfacebook投稿していたところ、「よかったら智頭に来てうちげに泊まってください!」とありがたくもお声掛けをいただいたので、即答でお言葉に甘えて、お邪魔してきました!!

ひさしぶりにお邪魔しました、かやぶき屋根のお家。

先祖代々の山を受け継ぐ、自伐農林家さんです。

縁側で、ご両親と黒ネコの「モモ」ちゃんが迎えてくれました。
居間であれこれ雑談をした後、市の前で木を出さなきゃいけないというお忙しい時に無理をいって、2tダンプで現場まで連れて行ってもらいました。

かな~りの年季の入ったダンプカー、町の中でも1台しかないので、通ればみんなが「あ、A君や」とすぐわかるそうで、

山に向かう途中も道行く人が手を振ったり、すれ違いの車が挨拶してくれました。

途中、スーパーで「セラピー弁当」を受け取って、山の中でいただきます。

 

今日の現場はというと、ご家族3人で連携プレーの集材作業。

お父さんがたま切り枝払い、息子さんが玉かけし、お母さんがウインチで集材。

「家族林業」の現場は、はじめて拝見!

 

切り株をいかして、滑車をかけます。

ヘルメットの遊び心がすてきでしょ^^♪

 

お母さんが検尺し、お父さんが造材、枝払い。

 

わたしは邪魔にならないとこで見学しながら、
休憩時間や待ち時間には、大先輩林業女子であるお母さんと、仕事の合間にぺちゃくちゃ林業ガールズトーク。相手してくださってありがとうございました♪

間伐された智頭杉の林に、光が差し込みます。

 

今日の収穫(丸太)をダンプに積んで、また林道をゆっくりと下りました。

途中、この山の主(?)である、大きなトチノキと戯れ・・・

(手前が2tダンプちゃんです^^)

 

丸太は石谷市場へと出荷です。

少し出荷量は少ないみたいですが、いい杉丸太が並んでます。

 

かやぶきのお家へ帰って、あったか~い薪のお風呂をいただいた後は、
この日たまたま智頭町でされていた、サウンドヒーリングのイベントへ。

地域おこし協力隊の方が企画されたイベントで、
野外に寝転んで、中秋の名月をながめながら、クリスタルボウルの音色に聞き入りました。

前日にフォーラムであった林業仲間たちもいっしょです。

ぼーーーっと夜空を眺めたのなんて、すごく久しぶりでした。

空から音が降ってくるような感覚で、宇宙と自分の身体の重みを感じながら・・・

となりでAさん寝てましたが(笑)

 

 

~~~
これまでも、全国からたくさんのお客さんを迎えてきたAさん邸。
何冊にもなったゲストブックには、私も加えてもらえました。

山だけ見てもわからない、山のこと。
暮らしまでたっぷり浸らせていただいて、どうしたらすてきな山ができるのか、はじめて分かるような気がするのです。
ゆっくりお邪魔出来て、ほんとうによかったです。ぜいたくな時間でした。
いい仕事をするには、いい暮らしがないとね。

 

ほんで、お土産に手作りチーズケーキまで・・って、やられた~。

Aさんの優しさの源に触れた旅でした。