今にも動き出しそうな椅子:北山杉DIYの抜け感がたまらない。

今にも歩きだしそうな・・・

これ、な~んだ?

 

 

正解は、台杉の「台」の部分を、そのまま使った椅子(笑)

 

北山杉の里の、職人さんの庭先にありました。

 

超繊細な伝統工芸品を育てていながら、
たまにDIYすると、この抜け感w

たまらん。

 

あの杉を仕立てる時の職人の、研ぎ澄まされたような繊細さと、

この暮らしを楽しんでる感満載の、大ざっぱさ自由さは、一体どう共存しているのか・・・

 

この

繊細さと、大胆さを、気持ちい~感じで兼ね備えているのが、

山の人達に共通しているユニークさだと感じます。

 

厳しいけど、遊びがあるっていうのかな?

 

 

だから、この里の人達が大好きなんですよね♪