梅雨の高知へ引っ越してきました

高知県安芸市に引っ越してきました。

安芸市は、というか高知県全体は、山も川も海も近くて豊かなところです。

朝起きたらマウンテンビュー、ちょっと行けばオーシャンビューな日々が始まります。

 

これからここで、主人の家業である建築業を継いでいくための勉強と実践です。

私が最後に、骨を埋める予定の場所です。

安芸市は、ナスのハウス栽培やユズの生産がさかんなところ。ほかにも田んぼはもちろん、タバコやイチゴ、オクラなどの畑が広がっています。

農地を抱き込んでいるような山々は、さすが四国山脈の端っこという感じがして険しく迫っています。こんな風景が新鮮でおもしろいです。

引っ越してきた5月末の時点で、高知は梅雨。

ある日の夕方、こんな風に山が見えなくなるくらい雲が湧き上がってきて・・・平地に住んでいるはずなのに、まるで天空にいるみたいに錯覚するほどです。

 

この壁みたいな切り立った山が、雨を降らす。

 

その後、雷とスゴいどしゃ降り!

・・と思ったら止んで夜にはしずかに蛙の合唱だけが響いていました。

 

高知県は、降水量全国1位、日照時間も2位という(!)

どしゃ降りとカンカン照りを繰り返してたら、そりゃ土佐の人たちもラテンな性格になるはずです。

 

毎日変わるので、風景が見てて飽きない。

よく見たら畑のオクラも大きくなっちゅうね。

 

こんな素敵なところで暮らしていきます。

よろしくお願いしますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中